違い

高級旅館

旅行に行く際は、宿泊先をホテルにするか、旅館にするかで迷ってしまいます。
旅館とホテルではスタイルが全く違うものになるので、事前にそれぞれの特徴を知っておいてから予約するようにします。

旅館のスタイルは、ほぼ「和風」です。
客室はほとんどが和室であり、寝具はベッドもありますが、基本的には布団で寝ます。
ホテルに比べて部屋の作りは落ち着いた雰囲気であり、ゆっくりと旅行を楽しみたい方に最適なスタイルです。

ホテルのスタイルは、ほとんどが「洋風」です。
客室も洋室がメインであり、コンパクトに整えられているのが特徴的です。
寝具はベッドだけであり、布団はありません。(ホテルによっては準備されている所もあります)
旅館に比べ、部屋の作りは清潔で明るく作られており、若い世代や女性に好まれています。

メリット

旅館、ホテル、民宿と、宿泊先には様々な種類があります。
それぞれメリットとなる部分があるので、ここでご紹介します。

まず、ホテルですが客室のプライバシーが保たれているのがメリットとして挙げられます。
旅館や民宿に比べてセキュリティー面がしっかりしているほか、防音対策もバッチリ出来ているので、快適に過ごす事が出来ます。
また、ホテルであれば自分の好きなタイミングで食事を取ることが出来ます。

旅館を宿泊先として選ぶメリットとしては、温泉や露天風呂といったお風呂が充実しているところです。
日本ならではの癒しを感じることができ、日ごろの疲れやストレスを発散させることが出来ます。
また、旅館であれば食事付きがほとんどなので、飲食店を探す手間が省け、地元の料理を楽しむことができます。
食事の際は、自分の部屋内で食べることができ、配膳もすべて仲居さんが行ってくれます。

民宿に泊まるメリットとしては、宿泊先で地元の特産品や家庭料理が味わえるということです。
ホテルや旅館では味わえない地元ならではの特産品を楽しむ事が出来ます。
また、宿泊料金もかなり安く設定されているので、一人旅にはぴったりの宿泊先です。

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031